たいした大学生活を送ってこなかった自分が休学した理由

ipponnoki

大学でたいしたことをしてこなかった自分がなぜ休学することにしたのか。

今回はそのことについて語っていこうと思います。

sponsored link

平凡な大学生活と就活

僕の大学生活は非常に平凡なものでした。

暇な時はだいたい家でごろごろしてネット見たり、時々友達と遊んだり、自作PCとか作ってたりしてました笑

あまり将来のことなど考えず、なんとかなるだろという軽い気持ちで毎日を過ごしていました。しかし、(当たり前ですが)実際はなんとかなりませんでした^^;

大学3年生の後期に「ソレ」はやってきました。

…そう、就活ですorz

就職に向けて何もしてこなかった自分は何を仕事にしたいのかよくわかりませんでした。一応IT機器関係のものが好きだったので、IT機器に関連する企業にでも勤めようかと思いましたが、どうしても何か引っかかるものがありました。

本当にそれは自分のやりたいことなのか?

パソコンが好きでもそれを仕事にしたいかと言ったらそうではないですし…

では自分のやりたいこととはなんなのか?

その答えはそのときはまだ出ませんでした。

結局僕は就職先を決められず、工学部だったこともあり、大学院に進学することにしました

アフィリエイトとの出会い

大学院の受験が終わったころわりと暇になったので、ネットでなんとなくお金の稼ぎ方について調べていました。この行動が自分の命運を分けるきっかけになるとも知らずに…

調べていくと「アフィリエイト」というネットビジネスに興味を抱きました。なんでも時間にも場所にも縛られずお金を稼げる自由なビジネスとのこと。

最初はどう考えてもうさんくさいなと思っていましたが、調べていくと誰でも手軽にできる上に初期費用もたいしてかからず、リスクも少ないようだったので、とりあえず試しにやってみることにしました。

最初はたいして稼ぐことができませんでしたが、何度も更新するにつれて、だんだんと収益が増えていき、本当に稼げるということを実感しはじめました。

これなら自分のやりたいことが自由にやれる

そんな仕事ができるようになるかもしれない!

もともとどんな仕事に就きたいか決まっていなかった自分にとってこのネットビジネスは理想的な仕事だと思いました。このような思いが休学を始めるきっかけになったのです。

休学のリスクの少なさ

休学に目をつけたのはもともと退学することを考えていたことが始まりでした。本当はネットビジネスで成功したときに大学を退学する予定だったのです。

しかし、休学という選択肢もあることに気づき、いろいろと調べてみた結果、かなりリスクの少ない選択肢であることが分かったのです。

まず休学はその期間中は一切授業料がかからず、申請にも手数料がかからない(国立大学の場合)とのことでした。経済的にほとんど負担がかからず学生として身分が保証されながら1年以上休むことができるわけです。

そして休学は期間が終われば普通の大学生に復帰することができるので、ネットビジネスが失敗したときでも大学戻ることができるのです。

さらにはそのまま就活することになったとしても就職にはほとんど影響しない(by先輩の体験談)ようなのです。

これはもう休学するしかないと思い、大学院に進学してすぐに休学を決めました。

以上のことが自分が休学を決めた理由となります。

結局自分のやりたいことってなんだったのか休学して1年半たった今もはっきりとした答えは見つかっていません。ただ、今は自分がやりたいようにやっています。

明確な答えがなくても、自分のやりたいようにやっていて、それがそのまま仕事になるのならば、それはそれでいいのではないでしょうかね。

このブログもそんなやりたいようにやるという思いから作られています。

基本的に自分の好きなようにやっていきますが、このブログを通して何か皆さんの役に立つようなことができれば幸いです(*´ω`*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です