個人事業主の申請のために実際に行った手続きについて「市役所の場合」

本日、個人事業主の申請を行ってきましたコウです。

個人事業主の申請は通常、税務署で行うものなのですが、地域によっては市役所でも行う必要があります

今回、自分は市役所にて申請してきましたので、市役所で実際に行った手順や必要なものなどについてまとめてみました。

sponsored link

必要なもの

印鑑(実印でなくてもOK)

市役所での個人事業主の申請に用意しておくべきものは印鑑くらいです。

特に身分証などの提示もありませんでした。

実際に行った申請手順

実際に市役所にて個人事業主の申請を行った手順は以下の通りです。

1.市役所で開業届を受け取る

2.開業届に必要事項を記入する

3.市役所に開業届を提出する

以上です。

実際に申請を行ってみましたが、驚くほど簡単に申請できました。

開業届も記入する項目もあまり難しいことはなく、5分ほどで記入が終わりました。

開業届の記入項目

自分の地域の市役所(福島県いわき市)で受け取った開業届は以下の通りです。

kaigyou_todoke-1

これはあくまで自分の地域の開業届ですが、驚くほど簡素なものです笑

それぞれの項目の説明は以下の通りです。

住所:開業する場所を記入します

氏名:開業する本人の名前を記入します(印鑑も必要です)

生年月日:開業する本人の生年月日を記入します

電話番号:開業する場所の電話番号、もしくは本人の携帯電話番号を記入します

届出の区分:開業か廃業のどちらなのか記入します

開廃業日:開業・廃業する日を記入します

所在地:開業者本人の自宅の住所を記入します

屋号:開業する店の名前などを記入します(決まっていない場合は記入しなくても大丈夫です)

営業種目:こちらのページから自分の営業する種目を選択します

以上のようになっています。

おそらくこの中で記入する際に困るのが、屋号だと思いますが、特に決まっていない場合や本人の氏名で開業する予定の人は記入しなくても大丈夫です。

意外と個人事業主の申請はあっさり終わります。

開業届の項目を記入して、提出すればそれだけで終わりです笑

ただ、青色申告や国民健康保険、国民年金などの手続きをする方は、また別に手続きを行う必要があります。

その辺りの手続きはこれから自分も行うつもりなので、後ほどまとめていく予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です