泊まるならどれが安い?自由が丘駅周辺のネットカフェの価格比較してみた

東京1万円旅プロジェクトで自由が丘駅周辺のネカフェに泊まることにしたのですが、そのときに各ネカフェの価格の写真を撮って比較してみたので、メモついでにここに残すことにしました。

sponsored link

自由が丘周辺のネカフェは3店舗(2017/9月現在)

ダイス 自由が丘店

シャワーは最初の15分は無料、以降10分毎に100円

サイトURL:http://www.diskcity.co.jp/shop/jiyugaoka/price.html

インターネットカフェ リーフ

サイトURL:http://leafcafe.jp/contents/price_booth/price.html

ワイプ 自由が丘駅前店

シャワーは30分100円

サイトURL:http://www.wip-fe.com/jiyugaoka/guide

泊まるならどれが安い?

一人で泊まることを前提に考えますと、シングルのナイトパック6〜12時間+シャワーを選ぶことになるかと思いますのでそれを踏まえて比較してみますと

ダイス 自由が丘店

  • 6時間:1280円
  • 8時間:1680円
  • 10時間:2080円
  • 12時間:2480円
  • シャワー:15分無料、以降10分毎に100円

それぞれ21時〜5時入店時の価格

インターネットカフェ リーフ

  • 6時間:1280円
  • 9時間:1950円
  • 12時間:2480円
  • シャワー:20分300円

6時間〜9時間パックは22時〜5時入店時、12時間パックは20時〜2時入店時の価格

ワイプ 自由が丘店

  • 6時間:1280円
  • 9時間:1880円
  • 12時間:2360円
  • シャワー:30分100円

それぞれ20時〜5時入店時の価格

6時間は軒並み同じ価格ですが、泊まるには微妙に短い時間です。

ほんとに寝るだけという人は寝るだけなら8時間〜10時間辺りがオススメでしょう。

安く済ませたいなら8時間1680円のダイス

長くいたいのなら12時間2360円のワイプ

という感じでしょうかね。

ちなみに自分はたまたまワイプが9/1〜9/18まで10時間1680円で利用できるキャンペーンをやっていたのでそれを利用させてもらいました。

こういったキャンペーンをやっているところに行けばもっとお得になるかもしれませんね。

ちなみにワイプはなかなか満足なネカフェでした。

ぜひ参考にどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です