大学を休学するために実際に行った手続きについて

daigaku-2

今回は自分が大学(大学院)を休学するときに実際に行った手続きなどについて詳しくまとめてみました。基本的には退学手続きの場合とほぼ同じ内容となっています。

なお、以下の内容については自分が所属する国立大学の場合ですので、参考までにどうぞ。

sponsored link

休学に必要な書類

休学に必要な書類は基本的に大学の学生課(学務)で受け取ります。

休学に必要な書類は以下のようになっています。

休学願

休学する旨を伝える書類です。

基本的に休学する者と親(保証人)の名前や住所、簡単な休学理由や休学年月日、授業料の納否や奨学金の有無などを記入します。

理由書

休学する理由を詳細に書くための書類です。

退学の理由書と同じく、なるべく詳しく長く書いたほうがいいです。

担当教員と面談の際に修正などが行われると思いますので、一旦ルーズリーフなどの別の用紙に下書きをしておいて、担当教員との面談後に内容が決定しだい本用紙に書くといいでしょう。

意見書

担当教員が面談した内容や担当教員と学科長などの承認印を受け取るための書類です。

基本的に退学する人自身が記入する必要はありません

異動願

奨学金を受給している人が提出する書類です。

休学までの流れ

自分が行った大学を休学するまでの流れは以下の通りです。

大学の学生課(学務)で休学に必要な書類を受け取る

各書類の必要事項の記入や休学理由の詳細をまとめる

親(保証人)の同意(承認印)を得る

担当教員と面談し、意見書を書いてもらう

学科長(または学部長、学長)と面談し、同意(承認印)を得る

大学の学生課(学務)に必要書類を提出する

正式に休学が認められる

休学する際のアドバイス

理由書は大げさに書いてもいい

休学する際のアドバイスも基本的には退学の場合と同じですが、退学とは違い、休学は多少曖昧な理由でも理由書さえきちんと書けば大丈夫だと思います。

例えば、

「なんとなくアフィリエイトとかやりたいと思っているけど、本当は自分がやりたいこと(仕事)を見つけるための時間がほしい」

といった理由の場合は

「進路再考のために、アプリ開発やアフィリエイト事業などに取り組み、成功した暁には会社を設立することを考えています」

といった感じに実際にはやるかどうかわからないとしても、なんとなくやりたいことやそれっぽいようなことを大げさに書いてみると理由書が通りやすくなります。

当然実現できなかったとしても、大学には復帰できますし、その責任を問われることもまずありません。

そういった意味では休学というのは意外とリスクが少なく、理由書さえ書けてしまえば誰でもできるので、自分がやりたいことをゆっくり考えたい場合などには最適な選択肢なのかもしれません。

休学を考えている人の役に立てれば幸いです^_^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です